性病の治し方!メッチャ強い抗生物質ジスロマックで淋病も治せる

man and woman taking medicine

長く効くジスロマック

many drugs

泌尿器科や性病科のクリニックでは、淋病の診察、治療をしてくれる。流れは単純である。病院へ行き、検査を受け、診察をしてもらって処方箋を書いてもらう。処方箋を薬局にもっていってそこで買う場合もあるし、病院の中でそのまま購入できる場合もある。検査は尿検査のみの簡単なものだし、診察も、現状をちょっと見て確認するだけの簡単なものだ。病院がすいている時間帯なら、来院から「お大事にー」と言われるまで、ほんの20~30分ほどですむ。
病院によっては、1回目の来院で診察後、薬をもらってその場で飲んでおしまい、ということもある。
「ジスロマック250mg」4錠を一度に、という場合もあるし、「ジスロマック1000mg」を水に溶かした溶液を飲むという場合もある。
あとは、1~2週間後に細菌が残っているかどうかの検査をして、おしまいである。

このように1回の服用で治療を終わらせられるのは、ジスロマックという抗生物質が長く効くという特徴を持っているからだ。ジスロマックの主成分であるアジスロマイシンは、淋菌を死滅させる働きを持つ強い成分だが、強いうえに「胃酸に溶けにくい」という性質も持っている。その分だけ長く体内にとどまることができ、時間をかけて体内の細菌をサーチし、デストロイするのである。

ちなみに、別の記事に書いたように通販を使ってジスロマックを飲む場合は、3日間の服用をしたあとで、念のため1週間ほど薬を飲み続けるのがオススメだが、これは病院とは違って治療後の検査を行うことができないためである。