性病の治し方!メッチャ強い抗生物質ジスロマックで淋病も治せる

man and woman taking medicine

ジスロマックの飲み方

the capsules

通販でジスロマックを購入するときは、薬の飲み方を医師に聞くことができない。というわけでここで説明しておこう。ジスロマックは1日500mgを3日間服用することで効果を発揮する。

長く効くジスロマック

many drugs

現在、性病科クリニックで「淋病」と診断されたときに最初に出てくる薬がジスロマックである。この薬は高い効果を持っており、しかもひとたび飲めば長く効きつづけるという特徴がある。

ジスロマックの副作用

many capsules

優れた抗生物質として知られるジスロマックだが、副作用があるコトも忘れてはいけない。特に胃腸が弱い人は注意すべきである。服用の際は、「整腸剤と一緒に飲む」などの工夫をしよう。

淋病を治そう

medicines

感染した人、特に男性に対してまさに七転八倒の苦しみをもたらす性感染症がある。その名は淋病。
淋病の「淋」は「さびしい」という意味の字でもあるが、ここでは意味が違う。「淋」は雨がシトシト降る様子をあらわす字でもあり、ここではそのような意味で用いられる。雨がシトシト……それは、淋病の症状に由来する。この病気に感染すると、特に男性の場合シトシト雨が降るようにドロドロの膿が性器の先端からほとばしるのである。パンツはぐちゃぐちゃに汚れ、日に何度となくはき替えなければならないくらいになることもある。

しかも、それだけならまだしも淋病は激しい痛みを伴う。その痛みこそ、まさに七転八倒である。淋病を引き起こす「淋菌」は、性器のなかに入り込むと尿道に巣食い、そこに炎症を引き起こす。尿道は熱くただれ、尿が通るたびに痛むことになるのだ。その痛みは、金属の棒を突っ込んでグリグリされるようなものであると表現される。普通の金属棒ではない。ギザギザの細かい突起が無数についた金属棒だ。トイレに立つたび、大の男が滂沱の涙を流すほどである、といわれる。

このような恐るべき性感染症である淋病……近年では感染する人の数が日増しに増えている状況である。
たとえば風俗店で遊ぶのが好きな人などは、明日、遊びに行って感染することも考えられる。ひどい症状を伴う病気であり、しかも身近な病気なのだ。

しかし一方で、この病気は必要以上に恐れる必要がない病気である。
「恐るべき」と言ったり「恐れる必要がない」と言ったり、一貫性がないように聞こえるかもしれないが真実である。
淋病は、症状自体は恐るべき病気だ。しかし、我々は今この病気を完璧に治すことができる抗生物質を手にしている。ジスロマックという名の抗生物質を使えば、淋菌は100%完全に体内から一掃することができるのである。ジスロマックは通販でも購入できる薬であり、つまり誰もが簡単に、淋病になってしまったとしてもそれを自分で治すことができるのだ!

ジスロマックの効果について